2017年03月19日

臨時福祉給付金を申請する

95歳で施設に入所している義母宛に臨時福祉給付金のお知らせがきた。


この給付金をもらえる対象は、平成28年度分の住民税の均等割が課税されていない方が対象となる。
ただし、平成28年度分の住民税の均等割が課税されている方の扶養親族となっている場合や、生活保護制度の被保護者となっている場合などは支給の対象外となる。


ちなみに、今年は15000円給付される。image:198988

しかし、なんだ。

マイナンバーも年金番号も保険証もすべて把握しているにも関わらず、あれやこれや書類を添付しろって。

image:198957

ガンの抗がん剤治療中の夫は高額医療費の申請をしたにも関わらず、余分に払った分を返金するので手続きしろ、と。

これもまた、最初から限度額以上に払わせないように出来ないものか。


払えという書類は、そそくさと送付してくるのに、もらうとなると、細かい指示のついた申請書に色々なものを添付しなくては1円だってもらえない。



もっとシンプルなシステムにならないものか。


この2つの申請をするのに、全部で6種類の書類を用意した。

もーー!めんどくさいんだからぁ!

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。